電子書籍の出版方法|kindle(キンドル)速報

電子書籍の出版方法|kindle(キンドル)速報

挿絵

近年、日本の出版業界において、
出版市場の縮小が問題視されています。

 

出版物の販売額が最も高かった時代では、
年間約26,500億円ほどの利益があったのに対し・・・

 

2014年における販売額予想は14,900億円と、
嘗ての市場規模に比べると半分ほどに減ると推測されています。

 

サイト主である私も、
もう若者とは呼ばれない年齢に近づいてきました。
(まだ若いつもりではいるのですが…)

 

学生の頃と比較すると、
雑誌を始めとした書籍を手に取る機会が減ったように思います。

 

一方で、近年の出版業界において注目されている市場に電子書籍市場が存在します。

 

電子書籍:
電子書籍とは一般的に書籍として知られる紙媒体の本とは異なり、電子情報として情報を提供するコンテンツを指します。
読むためには、それぞれの情報コンテンツに合わせた専用のリーダーを必要とすることが知られています。

 

最も馴染み深いと思われる電子書籍とそのリーダーについてお話すると、

公共期間でも一般的に用いられる「PDF」による電子情報
PDFを読むための「パソコン」とソフト「Adobe Reader」

が挙げられる。

 

PDFは確かにく電子書籍ではあるのですが、皆さんが想像したものとは少し違ったかもしれませんね。
PDFを電子書籍というのであれば、極論、word文書もストーリー等が綴られていたら小説になりますし、電子書籍と言えなくもないですからね。

 

当サイトでは、一般的に電子書籍として扱われているもの・・・例えば以下のようなものについて解説していきます。

  • Amazon Kindle
  • 楽天 kobo touch
  • スマホで読める電子書籍

 

この中でも、これから電子書籍ビジネスに挑戦しようとしている方には
AmazonにおけるKindleストアを最も推奨します。

 

私自身、既にAmazonのkindleストアにて電子書籍を出版しておりますが、
自分が出版しようと思った時に、具体的な作り方に言及した優しいサイトがあまりにも少なく、
結局独学で出版するにいたりました。

 

当サイトでは、ぜひ電子書籍の出版にチャレンジしてみたいという人へ、

  • Amazon Kindleがオススメな理由
  • Kindle用電子書籍データの作り方
  • Kindleに出版する方法
  • 作った本を宣伝し、売るための仕組み作り

について解説します。

 

出版に関しては、実際、それほど難しくなく、文章さえ用意できれば概ね出版までこぎつけることが可能です。
ぜひ、参考にしてくださいね。



HOME About Makeing Publication Marketing AmazonへGO!