電子書籍ビジネスへの参入は早い方がよい理由

スポンサードリンク

電子書籍ビジネスへの参入が早いほうがよい理由

挿絵

当サイト訪問者の中には、
電子書籍サービスへの参加を検討している人もいるかと思います。

 

現段階で検討している人へ
私が言えることがあるとすれば、今すぐ着手してください。

 

理由は沢山ありますが、一番の理由は…
現段階における真剣な参入者は少ない」…ことが挙げられます。

 

ライバルが少なく、認知されたばかりの市場というのは、
いつの時代も、どんなサービスにおいても宝の山状態です。

 

あの大手ネットショッピングサイトAmazonにおいて、
スカスカのページに商品を掲載できることがどれほどのメリットか…
皆さんはどのように考えていますでしょうか。

 

どうやらAmazonのkindle市場には、
個人が容易に参入できることが要因なのか?
今の所、大手出版社は参入をためらっている状態のようです。

 

そりゃそうですよね。

 

本来、自分達が宣伝し、得ていた利益の多くを、
Amazonがとっていくことになるわけですから…大手になるほど参入が難しいのかもしれませんね。


スポンサードリンク

逆に個人で出版を検討している人からすれば、
その利益率は十分過ぎるといっていいかもしれません。

 

Amazonのkindleストアで本を売った場合、最低でも売値の35%を利益として受け取ることができます。
(プリント版書籍であれば、10%と言われていますよね?)

 

  • 500円の紙による書籍を1冊売る⇒50円の利益
  • 200円の電子書籍を1冊売る⇒70円の利益

 

いつやるか? 今でしょ!
通常、紙の本を個人が出版し、利益を得ようと考えた場合、
最低でも100部は印刷しないと完全に趣味で終わってしまい、
利益なんて得られたもんじゃありません。

 

私は嘗て、同人業界も経験していたので分かりますが、
個人がオフセット本を作成し、利益を得ようとすれば、最低100部からスタートで、
しかも全て売り切って、ようやくホンの少し利益が出るレベルです。

 

趣味じゃないとやっていくのは不可能であり、
むしろ在庫リスクがあることから、100部のオフセット本となると趣味でも手が出せません。

 

それを可能にしたのが電子書籍なのです。

 

電子書籍の出版にかかるコストというのは、単純に「時間」だけです。
(製造コストがかからないということは、それだけで個人の参入を容易にしてくれるのです。)

 

取り組むなら、当ページを見た「今」です。

 

⇒いつやるか?今でしょ!

 

【続き】電子ブックリーダーについて|kindle

電子書籍ビジネスへの参入は早い方がよい理由関連ページ

2:電子ブックリーダーについて
電子書籍を読むために欠かせないアイテムとして電子ブックリーダーが挙げられる。自身が作家として活動していく上でも手に入れておきたいアイテム「電子ブックリーダー」「kindle」について紹介します。

HOME About Makeing Publication Marketing AmazonへGO!