SMO|ソーシャルサービスを利用た販促方法

スポンサードリンク

SMO|ソーシャルサービスを利用した販促方法

挿絵

さて、皆さんはSMOという言葉をご存知ですか?

 

SMOとうのは、Social Media Optimizationの略で、
主にはWebサイトへのアクセスアップの為に用いられる手法です。

 

名前のとおり、ソーシャルメディアを利用し、商品を宣伝する。
その結果、商品の認知や評判を高めることが目的の手法です。

 

世の中で商品が売れる為に一番効果のある方法。
それは「口コミ」による宣伝です。

 

現在人気のソーシャルサービスといえば、

  • Facebook
  • Twitter

などが挙げられます。

 

では、それらを用いた集客方法について説明します。


スポンサードリンク

Kindleストアのソーシャルボタンを利用する

まず、Kindleストアの商品ページに進んでみましょう。
【参考】元ゲームプログラマーのメッタ斬り本

 

その商品ページにいくと、ソーシャルサービスを介したボタンなどが設置されているはずです。
今でしたら、色んなサイトでFacebookの「いいねボタン」などを見かけますよね。

 

Kindleストアに、まず用意されているシェア機能としては、以下の物が用意されています。

  • Kindleストア用いいねボタン
  • e-mailシェア
  • Facebookシェア
  • Twitterシェア
  • Mixiシェア
  • Pinterestシェア

 

シェアボタン例

 

まず、本の出版などを行ったのであれば、
あなたの身近な人に、恥ずかしがらずに、ぜひシェアしてあげてください。

 

勿論、匿名で商売をしたい人もいることでしょう。
ですが、いざ物を売るなど、商売を進めていくことにおいては、身近な人間というのは仲間になってくれる可能性が高いです。

友達を作る

このサイト主は何を言ってるんだヽ(´Д`;)ノ
と思うかもしれませんが、友達を作るというのは、今の商売においてはすごく強みになります。

 

例えば、あなたがKindleでの出版に向けて、本の執筆を頑張っているとします。
Kindleというのはもはや世界的なサービスになりつつありますから、同士になり得る人というのが世界中に無数に存在します。

 

ぜひ、ソーシャルサービスを活用し、
世界中の人と仲良くなり、商売につなげていきましょう。

 

【続き】自己ブランディングによる販促方法

SMO|ソーシャルサービスを利用た販促方法関連ページ

1:検索エンジンを利用した販売促進
Kindleストアにて自作の本を売る場合、集客方法としてSEOを用いた販促が考えられます。検索エンジンやユーザーを意識したKindleストア商品ページの最適化についてお話します。
3:自己ブランディング
本を売る上で、切り離せないものとして著者があります。本を長く売り続けるというのは、いわばファンとのコミュニケーションビジネスでもあります。本を長く売るための自己ブランディングについてお話します。

HOME About Makeing Publication Marketing AmazonへGO!