kindle(キンドル)ストアに出版する方法

スポンサードリンク

kindleストアに出版する方法

挿絵

さて、kindleへの入稿に対応した文書データ、
kindle表紙用画像の用意ができたのでしたら・・・

 

後はkindleストアに出品すれば、
あなたの本を世界に向けて販売することが可能になります。

 

知らなかったかもしれませんが、
Amazonのkindleストアは国内に限定したものではありません。

 

海外Amazonのkindleストアでも
あなたの本は販売されることになるので、覚えておくといいですね。

 

例えば、日本には日本固有の文化というものがあり、
それは世界的にも人気があるものが幾つもありますよね。

 

そういった分野において本の執筆を行う場合は、
海外戦略なども考えてみると、実は面白いかもしれませんね。


スポンサードリンク

kindle出版前の確認

必要物さえ揃っていれば、kindleへの出版は30分もあればできてしまいます。
最終確認として必要なものを列挙しておきますね。

 

1:kindle入稿用のデータ

対応しているファイルは以下の4つです。

  • Word形式(.doc(もしくは.docx))
  • HTML
  • ePub
  • XMDF

 

当サイトではWord形式のデータ作成方法を解説しているので、
まだ準備出来ていない人は参考にし、まずは文書を用意しましょう。

 

2:表紙画像

表紙に関しては、実は無くても出版することができるのですが、無い場合は売上が激減します。

 

仮にあったとしても、多くの人は無名作家からのスタート。
表紙があったとしても売れるかどうか不明です。

 

にも関わらず、表紙すら作らないとなると、
1冊も売れなかったとしても文句は言えません。

 

最低限、出版するのであれば、売るための努力をする必要があります。
その努力すらできないのであれば、出版する意味はあまりありません。

 

風景画像でも良いじゃないですか。
写真を簡単に加工するレベルでも、まずは十分なので準備して、表紙を作りましょう。

 

表紙は文書をアップロードする際に、一緒にアップロードすることになります。
あからじめ準備しておく必要があるということです。

 

3:銀行口座

出版するということは、本が売れた場合、利益が発生します。
報酬を振り込んでもらうための口座が必要になります。

 

口座を持っていなかったり、地方銀行の口座しかもっていないのであれば、この際せっかくなので口座を解説しましょう。
オススメはネットでお金の確認をすることができる「楽天銀行」です。

 

ネットを通じて商売をするのであれば持っておいて損はないです。
楽天カード

 

 

必要な準備物としてはこんなところです。
それでは、具体的な出版方法について説明してきますね。

 

⇒【続き】

kindle(キンドル)ストアに出版する方法記事一覧

kindleへの出版方法(動画解説)

始めてkindleに入稿したときの解説動画になります。ちょっとグダりながら喋っていますが、参考にしていただければ嬉しいです。 (*^3^*)では順を追って解説していきます。もし分からないことで聞きたいことなどがありましたら、動画にコメントしていただければ、比較的早くに回答出来るかと思いますので、ご活...

≫続きを読む

KDPのロイヤリティに関する考察

前ページでも述べましたが、KDPには35%と70%という二種類のロイヤリティが存在します。勿論、出版を検討している人の中には、趣味で本を試しに出してみたいと考えている人も多いでしょう。ですが、やはり出版の本質というのはビジネスです。買い手となる読者に対し、本という形で商品を提供し、その結果、売上金額...

≫続きを読む


HOME About Makeing Publication Marketing AmazonへGO!