KDPのロイヤリティに関する考察

スポンサードリンク

Kindleダイレクト・パブリッシングのロイヤリティに関する考察

挿絵

前ページでも述べましたが、
KDPには35%と70%という二種類のロイヤリティが存在します。

 

勿論、出版を検討している人の中には、
趣味で本を試しに出してみたいと考えている人も多いでしょう。

 

ですが、やはり出版の本質というのはビジネスです。

 

買い手となる読者に対し、本という形で商品を提供し、
その結果、売上金額の一部が収入という形であなたのもとに入ります。

 

特に、商品として電子書籍を考えた場合、
紙媒体の本とは異なり、製造コストをほぼゼロに抑えられるという、
実は恐ろしいくらいのメリットが存在するのです。


スポンサードリンク

kindleが持つオートメーションの仕組み

具体的な販売促進方法に関しては、また別ページにてお話しているのでここでは割愛しますが、
まず、kindleがビジネスに向いている一番の理由について、ビジネス視点でお話していきますね。

 

世の中には色々なお金の稼ぎ方が存在します。

 

例えば、従業員として会社で働く方法であったり、
自営業者として製造を請負い、納品することで稼ぐ方法などです。

 

このkindleを利用したビジネスモデルというのは、
まずは自分で本を作成するので自営業的なポジションと考えることができます。

 

しかしながら、kindleにおける電子書籍というのは、
一度作成し、kindleストアに掲載してしまえば、あとは半永久的に…
Amazonというサービスがこの世から消えない限りは無限に売り続けることができるわけです。

 

このことから言えることは2つ。

1:無限に売れる仕組みを作れば不労所得

永久的に売り続けることが出来るということは非常にすごいことです。

 

あなたが死んで著作権がフリーになるまでの間は、
商品が売れる可能性が残っており、尚且つ売れるとあなたに利益が入ることになります。

 

当然ながら、本には旬というものがあり、
発売して間もない頃のほうが売れやすいのは確かです。

 

ビジネスに関する本を書いたとしても、ビジネスに興味を持っている人の数というもの限られますから…
その数を満たしてしまうと売れなくなる…ということもできます。
(これは滅多に無いでしょうけどね…)

 

半永久的に売れ続けるということに関しては、紙媒体の本であっても、全国探せばどこかに売ってあるとは思うのですが、
発売してからしばらく経過した本というのはおそらく「中古」市場でのやり取りがメインになっているはずです。

 

当たり前ですが、中古本が売れたとしても、
本の著者にはお金は入ってきませんので、あまり美味しくないですよね。
(ファンを作るという意味ではオイシイと思いますが。)

 

ですが、kindle本というのは電子情報なので、
データを不正にネット上でやり取りされない限りは常に新品という形になります。
(逆に、発売して古くなった本は、自身のサイトで無料配布しても良いですよね。)

 

現在、不正アップロードや不正ダウンロードに関する法律も整備されてきました。

 

もっと早くに整備して欲しかったなぁ…とは思いますが、こういった環境整備に関しては、
ネットで商売を行う以上、注目すべき項目だったりします。

 

具体的な宣伝・販売方法に関しては、
【関連】電子書籍を宣伝・販売する方法を参照下さい。

 

2:無限にコンテンツが増えることから早期参入者が得をする

kindleストアに出版した本というのは、半永久的に残り続けることから、
コンテンツは常に蓄積され続けることになります。

 

勿論、Amazon側で新規に出版された本を一時的に見つけやすくする仕組みなどを調整していくことになるとは思いますが、
単純にkindle市場への参入が早ければ、それだけで自身の出版した本が他者の目に留まりやすくなります。

 

参入を検討している暇があったら、
しっかりと勉強し、その日から参入に向けて努力すべきです。

 

ただ、kindle市場というのは未開の地。
まだ国内kindle市場にて大きく稼ぎ有名になった人というのは出てきていません。

 

逆に、海外ではkindle長者と呼ばれる、
無名の状態からkindleストアを活用して有名になり、大きく稼いだ作家が続々登場しています。

 

参入するのであれば、早い方が優れているのは言うまでもありません。

ロイヤリティの設定

単純に35%と70%であれば、買い手にとっては何も関係ない部分なので、
自身の利益が多くなる方を選べば言い訳ですが、根本的な本の金額設定に関してですね。

 

金額設定に関しては、
どういった違いがあるのかを販売者サイドはある程度知っておかなければなりません。

 

例えば、

  • 1冊100円の本
  • 1冊1,000円の本

があったとします。

 

では、利益が多くなるから…といって、本を1,000円で売るべきか?というと、
それは本のボリュームにもよりますし、著者の戦略に依存するとも言えます。

 

また、100円と1,000円の本では、
圧倒的に100円の本のほうが売れることが知られています。

 

約10倍ほどの違いでしょうか。

 

では、次のケースを考えます。

  • 1冊100円の本が100冊売れる
  • 1冊1,000円の本が10冊売れる

 

どちらが良いでしょうか?
実際のところ、答えは不明で、どちらが良いというのは一概には言えません。

 

販売額はその人がどういった戦略を取るかに依存するのです。
簡単な戦略の例を示すと次のような場合があります。

 

1:本から顧客を集める

世の中にはリストビジネスというものが存在しますが、
そのリストとなりえる顧客を集めるために本を利用するのであれば、本自体の収益は一番の目的ではないため、
価格を100円に設定する。

 

2:ファンを築く

小説など、創造的コンテンツを発信する場合、
認知されていない状態の時は、まず一番に読んでもらうことを重要視するかもしれません。

 

そのため、本の価格を低く設定し、
ある程度本が売れるようになった段階で、本のボリュームを増やし、価格を上げていく。

 

3:本からの利益を高める

技術書など、発売して以降も、根本的に内容が変わらない本を販売する場合、
類似書籍を連続して発売しないのであれば、その本を売って利益をあげることが重要になるため、
ある程度高めの金額設定で本を発売する。

 

といった、戦略が色々と考えられるわけです。
これは私が今考えた戦略案なので、参考にしてもしなくても良いかと思います。

 

ただ、本を発行する人には何かしら目的があるかと思います。

 

  • 作家になりたい人もいるでしょう
  • 本からの集客が目的の人もいるでしょう

 

目的にあわせて金額設定することの意味を覚えておきましょう。
最終的な金額設定は、あなたの判断によるものです。

KDPのロイヤリティに関する考察関連ページ

1:出版解説(動画説明付き)
kindleへの出版方法について、実際に出版するまでの過程を動画に収めました。動画などを参考にして出版にチャレンジしてみてください。Amazonに自分の商品が並ぶのはある意味すごいことです。

HOME About Makeing Publication Marketing AmazonへGO!